イーモの体験談

イーモ(emo)体験談を公開!

管理人のイーモ体験談

このカテゴリでは、実際にイーモを使用してみた「体験談」をレポート形式で掲載しています。

以下の「特集ページ」を用意していますので、ぜひ参考にしてみて下さいね♪

イーモ体験談♪《特集》

イーモが自宅に届きました!

イーモが届いた画像

箱の大きさは、思っていたぐらいの大きさでした。

例えがちょっと変ですが、土鍋の箱を少し薄くしたぐらいの大きさですね。

箱の中には、電源コードとカートリッジ、それと説明書が入っています。

早速、中身を見ていきましょう♪


イーモの実機

こちらが本体です。

写真ではちょっと大きさが分かりづらいですが、概ねミニノートパソコンぐらいの大きさでしょうか?

特に大きすぎず、小さすぎず、重さも普通なので、保存や取扱いに困るということも無さそうです♪

本体の真ん中には、鏡が付いていますよ。

これがイーモの照射口(フラッシュが出るところ)

イーモの照射口

イーモの特徴の1つとして言われているのが、一般的な家庭用フラッシュ脱毛器よりも照射口が広いところです。

照射口とは画像の赤枠で囲った部分です。この部分からフラッシュが出て、光を当てた部分が脱毛できるということです♪

ちなみにイーモ(emo)の照射口の大きさは、[1.5cm×2.9cm]

なお、一昔前の家庭用レーザー脱毛器ですが・・・照射口が「1ミリ×1ミリ」という“ありえない商品”もありました。

こんなに小さい照射口だと「毛穴」に命中させること自体が至難の業で、はっきり言って使い物にならないです。

6000ショット分 使えるカートリッジ

イーモのカートリッジ

イーモに限らず、フラッシュ脱毛器の場合、本体とは別に「カートリッジ」というものを購入する必要があります。

(なお、初回購入時は、カートリッジが3つ~4つほど付いていますよ♪)

このカートリッジをハンドピースの先端に取り付けることで、そこからフラッシュが出るのですね。

なお、イーモが売れている理由の1つとして、管理人が考えているのは、このカートリッジの寿命がメチャ長いところです。

他の家庭用フラッシュ脱毛器(センスエピ)の場合だと、750発で買換えが必要なのに対し、イーモは6,000発も持ちますからね。

この部分は、イーモのメリットの1つですよね。


イーモの体験談の続きは、コチラより

脱毛器 体験談(イーモ編)

このページの先頭へ